評判が良いBTOメーカーはどこなのか

BTOパソコンおすすめランキングを見ると、色々なメーカーのデスクトップやノートパソコンが掲載されていますが、BTOメーカーから選ぶとしたらどこが良いのでしょうか。実際にBTOパソコンを買って確かめるわけにもいかないので、Twitterで評判を調べてみました。

まず最大手のドスパラはやたらと電源への不満が書き込まれていました。昔から「ドスパラは電源がよくない」って評判は見てきましたが本当なのでしょうか。普通に海外の有名メーカーを使っているように思えます。電源が壊れたという書き込みは見つからなかったので、ただのデマっぽいですね。

DELlは世界的に有名なBTOメーカーです。性能に対しては高い評価を得ています。ゲームPCとして宇宙最強のAlienwareを販売していて、コスパの良さに定評があります。ただ、Twitterでは高くて買えないと発言している人が大勢いました。所謂格安モデルはなく、BTOパソコンの平均価格を大きく上回るゲームPCなので仕方がないのかもしれません。

マウスコンピューターのパソコンを購入したという書き込みはたくさん見つかりました。ただしその後の使用感はほとんどありません。見つからないということは不満がない証拠でしょう。人間は良い評判よりも悪い評判を強く訴える生き物ですから、マウスコンピューターは無難なBTOメーカーなのでしょう。

パソコン工房は日本各地にショップを構えていることから、根強い人気があるメーカーです。サポートへの言及が多いようです。ネットで買ってもショップで修理してもらえるので、対応が早いことが好評です。パソコンの価格もかなり安く、購入を躊躇するようなツイートはありませんでした。

まとめるとユーザー満足度はおそらくマウスコンピューターが一番上です。ただし、サポートの満足度はパソコン工房のほうが上のようです。両方のBTOメーカーを比較してみて、自分で好きな方を選んでください。

Comments are closed.